読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩と言っても天然塩と食塩は違うことがあるとか

先日塩を買いましたが、塩の販売サイトを見ていて気になることがありました。
ひとことに食塩といっても、天然の塩だけではなくて、まったく違う種類のものがあるんですね。
天然の食塩といえばCMで有名な塩を思い出しますが、これは海水の水分を蒸発させて、塩を取り出しているので、海のミネラルなどの栄養素は豊富なんですね。
一方で食塩には「塩化ナトリウム99%」と表示されているものがあったりしますね。これはミネラルなどの栄養成分はほとんど除去された、塩化ナトリウムという物質なんですね。
つまり栄養を取るなら天然塩、たんなる塩味だけでいいなら塩化ナトリウムというふうな感じです。知らず知らずに塩化ナトリウムが普通の食卓に並んでいたりしました。これは栄養を考えている人にとっては、気になることではあります。
とにかく塩化ナトリウムの食塩はすごく安いです。1キロ買っても数百円というほどなので、どうしても塩化ナトリウムのほうに手が出がちだったりします。
また、不純物が入っていないという意味で、塩化ナトリウムの方を好むこともあります。
これは例えば、電気分解で電解次亜水を作りたい場合は、天然塩は使えないということだったりします。
とにかく食塩といっても、天然塩と塩化ナトリウムは違うということは覚えておきたいと思いました。